JAL日本航空 先得

2012年02月25日

【リンクシェアサロン】2012 JAL見学会(1) 〜訓練参加準備編

今年も昨年に引き続き、リンクシェア様企画のJAL見学会に参加させていただくことができました。
イベントに参加させていただく直前にJALの中期経営計画が発表されました。



詳しくはmsn産経の記事を引用させていただきますが、稲盛前会長が示した再生の道筋を着実に達成すべくJALは、
「世界で一番愛される航空会社」
「安全とサービス。品質の創り込み」
という高い目標を掲げ新社長の下、一丸となって経営再建を目指していくことを今年の見学会の冒頭で聞きました。

「安全とサービス。品質の創り込み」。今回は、この課題である質を落とすことなく終わりなき向上に努力するJALの客室乗務員の皆様の仕事の中身に迫ります。

P1010436.JPG


場所は近代化の進んだ羽田国際空港の一角に昭和30年代の面影を残す整備場駅近くにある非常救難実技訓練センター。

P1010435.JPG


P1010439.JPG


時代の変化を感じさせる通路を抜けると旧鶴丸塗装のB747のカットモデルがスライダーを垂らしています。

P1010445.JPG


マットの上に今回の参加者18名が集合。

P1010444.JPG


進行役の教官の方(綺麗な方達ですが、訓練では厳しいんでしょうね)のご紹介の後、安全の為に準備体操をしっかりと行ないました。
JALは外国人のクルーも大勢いるのでラジオ体操は「いち・に」ではなく「ワン・トゥー」の掛け声の英語版。テンポもアップテンポなんでおじさんは結構汗かきましたw。

P1010448.JPG


スライダー滑走時の姿勢についてもマットの上で教わります。

P1010450.JPG


スピードが出過ぎ危険なので、足を肩幅に開き握りこぶしをつくり前習えのような姿勢が良いそうです。

P1010451.JPGP1010452.JPG


参考までに左は良い例で右はスピードが出過ぎバランスを崩しやすい姿勢です。

注意事項を聞き、実際のモックの中に。

P1010453.JPG


機体がB747ですからアッパーデッキへの階段があります。
うーん、懐かしい。札幌への出張のほとんどがB747-400でアッパーデッキを好んで搭乗したものでした。
残念ながら、今回は非常訓練の為、現存のJALにアッパーデッキはありませんから当然、上には上がれませんでした。

着席し今回、お世話になる客室乗務員の皆様をご紹介されます。

P1010457.JPG


現役のCAさん達ですから華がありますね^^

客室乗務員の仕事には「サービス要員」と「保安要員」としての仕事が求められます。
JALの場合、新人訓練では1ヶ月半から2ヶ月近く保安要員の訓練を受けなければサービス訓練に移行できません。
また毎年一回、実技訓練と筆記試験が行なわれ、産休や病気等からの復帰時も同等の訓練を受けなければなりません。

素敵な女性が多く華やかなイメージの客室乗務員のお仕事ですが、実は大変ハードな訓練を受けているんですね。

詳しくは次の章でスライダー体験も含めご報告いたします。

※JALの見学会等のブログ等への写真掲載は保安上の理由等により禁止されています。
今回のJAL見学会は、リンクシェア様が企画しJAL様のご厚意で開催されたものであり、通常行なわれている見学会とは異なります。
ブログへの掲載写真につきましても、日本航空様の許可を頂いた上で撮影ならびに掲載しています。


JAL 日本航空

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

【イベントレポ】JAL日本航空 アフィリエイト4周年キャンペーン&JAL見学会
Excerpt: 2月18日(土)、「整備場」駅の「日本航空 客室乗務員訓練センター」にて『【リンクシェア・サロン】JAL日本航空 アフィリエイト4周年キャンペーン&JAL見学会』が開催されました。 12時30分から1..
Weblog: リンクシェア公式サイト
Tracked: 2012-03-26 11:48
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。