JAL日本航空 先得

2012年01月23日

VW越谷にて

昨日の休みにVW越谷のサービスセンターに寄ってみた。



排気センサーの点灯を診てもらったんたが、診断機でチェックしてもらうと触媒と前後のセンサー部のコードが出ているらしい。

これを一式、交換すると30万コースですって。
サービスの方の話を伺うと今の欧州車はコンピューターの部品を多用しているので、トラブルに対しての許容範囲がほんの少しの場合やたまたまでも感知して警告ランプを付けてしまうらしい。

幸いにも試走していただいても異常は見当たらないとのことで本日は無罪放免w。
その後30km近く走行したがランプは
再点灯しないからひと安心。

ついでにスペアキーをお願いして帰ったのだが、なんと16,000円に設定料が別途ですって。
なんでも近頃のVW車はプラキーのスペアは仕様なのと溝が安易に複製できない代物だそうです。

しかし、VWといえば輸入車の中では一番つきあいやすい車と思っていたが、97年式のVWベントに乗ってる頃からすると高級車になったんだなと実感。



カレンダーや子どもたちにパサートの塗装色の色鉛筆なんかをお土産にいただきました。
こういう気遣いが嬉しいですよね。

元々、VW越谷で新車登録された車両ということもあるので、こちらを利用させてもらおうと思っております。
しかし、維持費も馬鹿ならない。
どなたかVWに強くリーズナブルな専門工場を知ってたら、ご教授いただきたいな。
posted by kara3 at 07:26 | 埼玉 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | トゥーランで行こう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。